第一高等学校・東京大学弁論部

2018.11.05 弁論 第 42 回大隈杯争奪雄弁大会に出場しました

11月4日に早稲田大学早稲田キャンパスにて開催された大隈杯争奪雄弁大会に、当部から清水弁士(1年)が出場しました。

清水弁士は「十日間の危機」の演題のもと、病児保育システムの運用を改善することを訴えました。

惜しくも入賞には至りませんでしたが、温かいスピーチで多くの聴衆の心を掴みました。

主催の早稲田大学雄弁会をはじめとする大会関係者の皆様に御礼申し上げます。