第一高等学校・東京大学弁論部

2016.08.01 弁論 第38回全国学生新人弁論大会に出場しました。

6月18日に中央大学多摩キャンパスにて開催された第38回全国学生新人弁論大会に、当部から小堀弁士(1年)が出場し、演題「地方の声を聴くために」のもと弁論を行いました。惜しくも入賞はなりませんでしたが、日本の地方自治に対する弁士の考えを聴衆に訴えました。

また、鋭い質疑を飛ばした新人に贈られる新人質問賞を、当部の吉澤(1年)が受賞しました。新人弁論大会での質問賞獲得は2年連続となります。

大会関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。