第一高等学校・東京大学弁論部

総長杯

総長杯(東京大学総長杯争奪全国学生弁論大会)は、毎年秋に東京大学弁論部が開催する大会です。

秋の学生弁論大会シーズンのなかでもとりわけ格式高い大会であり、毎年多くの聴衆でにぎわいます。

一般の方のご来場も歓迎しております。是非弁士たちの熱い想いに耳を傾けにいらしてください。

なお入場は無料・申し込み不要、途中入退場は自由となっています。

 

第37回(2017年度)東京大学総長杯争奪全国学生弁論大会について

大会趣意

 人が人に語ることとはいかなる営みであろうか。 

 人類に文明が生まれて以来、人は言葉を使い続けています人が自らの主張・知識を他人に伝えることで人類は今日に至っているのですしかしその歴史は単純なものではありませんでした思ったことを発言することが許されない時代もありました。正しいと信ずることを正しいといえない時代もありました 

 そのような過去を鑑みたとき、今、この場において、弁論大会を開催できることは奇跡と言えましょう現代を生きる我々は、とりわけ弁士は過去の彼らが持ちえなかった自由を謳歌しているのです 

 だからこそ、私は問いたい。我々はそれに見合う言論を為しているのか、と。 

 弁論は弁士と聴衆の二者が存在して初めて成立するものであります。弁士がただ自らの考えを自己陶酔的に述べ、聴衆からのコミュニケーションを拒んでしまえばそれはもはや弁論ではありませんあるいは、聴衆がただ野次を飛ばし、弁論を「消費する」立場に堕してしまえば、それもまた言論空間における弁論の価値を傷つけてしまうでしょう弁士自身の心からの訴えを聴衆に伝え、それに聴衆が耳を傾け考えること。弁士と聴衆の両者が責任ある言論を果たすことによってはじめて弁論は弁論たりうるのであります 

 また、弁士は自らの言葉に責任を持ちます。たとえ自分の分析や主張に欠陥があったとしても、それを隠したり逃げたりするのではなく、聴衆に示し議論を高めようとする態度こそ弁士に求められる責任であります。そのためには借り物の言葉、誰かの意見ではなく、他でもない弁士自身の言葉としてのオリジナリティある弁論が求められることでしょう 

 そして何より、弁士には自らの言葉に滲み出る情熱を乗せてほしい。ただ絶叫したり演技したりするのではなく、自分の迸る気持ちを弁論に込めることは聴衆をより説得することにつながるでしょう。 

 2017年というこの時に、安田講堂というこの場所で、弁論大会を開催することに感謝しつつ、弁士に期待する! 

大会概要

日時:2017年12月10日(日) ※日程は予定です。

 開場8:30 開会式8:50-

 終了予定18:20 

(詳細なスケジュールは別途)

場所:東京大学本郷キャンパス 大講堂(安田講堂)

 最寄駅:東大前駅・本郷三丁目駅・根津駅

 

申し込みについて

出場のお申込み:11月19日24時まで受け付けております。

出場資格:大学生・大学院生 。特定の弁論団体に所属しているかは問わない。

出場人数:11名(弊部から出場する弁士2名を含む)

弁論テーマ:自由。弁士の裁量に任せる。

弁論規定:弁論11分、質疑15分程度。

 

出場を希望される方は、姓名・大学名・学部・学年と、演題・テーマを記載の上、

弊部メールアドレス(ichiko.todai.benronbu@gmail.com)までご連絡ください。

 

※なお、応募多数の場合選考を行います。その場合原稿のご提出をお願いします。

 

出場弁士紹介

出場される弁士と、弁論開始時刻、演題、テーマ、所属団体、弁士プロフィールは決まり次第公表いたします。